毎月の不調から抜け出そう!~PMS~

こんにちは!エステティシャンの加藤です。

 

 

月経(生理)前になるとなんとなく、体の調子がいつもと違うな・・・

そんな経験はありますか?

 

 

 

月経が始まる前の約2週間の間に起こる、ココロとカラダのさまざまな不調のことを、PMS(月経前症候群)と言います。

 

 

感じ方は人によってそれぞれ。

全く感じないという方もいれば、毎月すごく重い症状に悩む方もいます。

 

 

しかし、まだまだPMSの認知度は低く、知らずに悩んでいる人も多いようです。

 

 

f:id:ease-sango:20171117153135j:plain

 

 

 

 

どんな症状が起きるの?

 

 

《ココロの不調》 

・イライラする

・情緒不安定になる

・憂鬱な気分になる

・怒りっぽくなる

・落ち着かない

・不安が高まる

 

《カラダの不調》 

・乳房のハリ、痛み

・肌あれ

・頭痛、頭が重い

・顔や手足のむくみ

・不眠、眠気

・食欲増進

・だるさ

・便秘、下痢

 

 

・・・などなど。

これらは代表的な症状のほんの一部で、その数はなんと200種類ともいわれているそう!

 

 

ですから、誰もが全てに当てはまるわけではありません。

 

また、同じ人でもその月によって症状が異なることもあるのです。

 

 

 

 

☆気をつけよう!

 

上記の症状に当てはまっても、月経の周期にともなわない場合は注意が必要。

別の病気の可能性もあるためです。

そのような場合には一度病院で検査を受けたほうが良いでしょう。

 

f:id:ease-sango:20171117140209j:plain

 

 

 

 

 

どうしてPMSが起こるの?

 

 

ツライPMSの症状。 

どうして月経前になるとあらわれるのでしょう?

 

 

 

その原因はまだはっきりとしておらず、答えは諸説ありますが、

月経の周期にともなう女性ホルモンの影響が大きいと言われています。

 

 

 

女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンの2種類があります。

 

 

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)ー「女性らしさを作るホルモン」

 

【働き】

●女性らしい丸みをおびた体を作る

●自律神経・感情の動き、脳の働きを整える

卵子を包む卵胞を育てる

精子が子宮の中に入りやすいように粘液の分泌を促す

●着床を助けるため子宮内膜を厚くする

●骨を丈夫にする

基礎体温を下げる

 

 

 

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)ー「妊娠を助けるホルモン」

 

【働き】

●着床しやすいよう子宮内膜をより厚くさせて整える

●妊娠後、妊娠を持続させる

●妊娠に備えて基礎体温を上げる

●乳腺を発達させる

●食欲を増進させる

●体内の水分を保持する

 

 

 

ー参考元ー

http://www.yukari-clinic.com/information/treatment/naturalhormone/

http://www.saint-mothers.jp/healthcare/circle.html

http://klc.ne.jp/womens_disease/index.html

http://www.tanaka-cl.or.jp/anti-aging/topics/topics57/index.html

http://www.minami-aoyama.info/treatment/estrogen/

 

 

 

これら2つのホルモンの働きは、どちらも女性の体にとってとても大切な役割を持つことがわかりましたね。 

 

 

しかし、その作用が強く出すぎるために、不快な症状となってあらわれることがあるということです。

 

 

PMSの症状が出てくるのは黄体ホルモンが増えてくる時期。 

過剰に分泌されたり卵胞ホルモンとの入れ替わりがうまくいかなかったりすると、さらに強く感じます。

 

 

 

例えば、妊娠中のお母さんの体にはたくさんの水分が必要なので『体内の水分を保持する』働きは大切です。

しかし、水分をため込みやすい状態になるので『むくみ』につながったり、腸内の水分も吸収しようとするので『便秘』になったりしてしまうというわけです。

 

 

 

 

  

 

上手く付き合っていくには?

 

 

まずは規則正しい生活を送ることが基本!

ストレスや緊張、疲労が蓄積されると、症状が強くあらわれやすくなります。

 

 

 

あなたはココロのトラブルとカラダのトラブル、どちらのほうが多いですか?

自分のココロとカラダの声を聞いて、自分に合った改善法を見つけていきましょう(^^)

 

 

 

◆ココロのトラブルが多いタイプの人は、リラックスを心がけましょう♪

 

 

f:id:ease-sango:20171120161423j:plain

 

 

 

毎月、気分が沈みがちになったり、不安定になることが多いあなたは、きっとふだんからがんばり屋さんなのでは?

 

 

几帳面だったり、我慢強いところも、あなたのいいところです。

だけどこの時期だけは、思いっきり自分を甘やかしてあげませんか?

 

 

★リラックスできる時間をつくる

 

いい香りに包まれてみる、マッサージをする、おいしいものを食べるなど、自分の好きなことをさせてあげると、ココロが喜びます♪

 

大人はみんな忙しいものです。忙しい私たちだからこそ、こんな時間を意識的につくるようにしてみましょう。

 

 

★無理をしない

 

「こうでなくてはいけない」ということは、案外多くないもの。

自分でプレッシャーをかけて、できない自分を責めていては、さらに苦しくなってしまいます。

 

いつものあなたはもっとできることだとしても、「今の時期はこのくらいできれば十分!」と自分のココロとカラダを受け入れてあげましょう。

 

 

 

 

カラダのトラブルが多いタイプの人は、適度な運動食生活の見直しをしましょう♪

 

 

f:id:ease-sango:20171117150555j:plain


 

 

★体を動かしてリフレッシュ

 

ウォーキングやストレッチなどをして血行が良くなると、むくみ改善につながります。

 

ヨガや骨盤体操などで心身を整えたり、骨盤のゆがみを整えるのも、良いですね♪

自律神経を整え気分をスッキリさせてくれたり、ホルモンバランスを整えてくれたりするのでオススメ。

 

 

★バランスの良い食事

 

1日3食、バランスの良い食事を心がけましょう。

特に朝食を抜くと、イライラや眠気などの症状が悪化します。

 

PMSの症状緩和には、ビタミン、ミネラルの摂取が効果的。

普段の食事で足りていないと感じる人は、サプリメントで補給するのもいいですね。

 

 

また、イライラすると甘いものを食べたくなりがちですが、チョコレートやケーキに入っている砂糖は急激に血糖値を上下させるのでイライラの原因になり、無限ループ状態に・・・。

甘いものの食べすぎにも注意が必要です。

 

 

カフェインやアルコールの摂りすぎ、喫煙も避けましょうね♪

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

ツライ症状を改善するためには、まずはライフスタイルを見直すことが大切です。

いろいろな方法を試して、ぜひ自分に合った改善法を見つけてくださいね♪

 

それでもなかなか改善されず症状がひどいと感じる場合は、一度婦人科で相談すると良いでしょう。

 

 

 

次回の更新予定は、12月7日です。お楽しみに(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥に負けるな!美しい手になるために出来ること★

 

 

 

 

こんにちは♪

ネイリストの鵜飼です!

 

 

これから冬に向けて乾燥が気になる季節ですね。

対策としてハンドクリームが欠かせないという人も多いことでしょう。

 

ひどくなると、あかぎれになってしまったり・・・。

それでも水仕事がさけられず、毎年ツライ思いをしている!そんなお声も耳にします。

 

 

 

 

そもそも、冬になるとなぜ乾燥がひどくなるのでしょうか?

 

 

 

 

冬=乾燥!?その原因とは?

 

  

まず、“冬になると空気が乾燥する”というのは、日本全国共通ではありません。

 

 

冬に吹く北風は、日本海側で大量の雪を降らします。

そのため太平洋側を通るころにはほとんど水分を持ちません。

 

 

だから太平洋側では乾燥した風が吹くのですね。

日本海側の湿度は、むしろ高いと言えるでしょう。

 

 

 

しかし、暖房器具を使うことによる空気の乾燥は全国共通です。

 

 

 

また、気温が下がることで身体が冷え血液の流れが悪くなります。

 

すると身体の隅々まで血液が行き渡らず、健康な皮膚を作るための栄養が足りなくなります。

栄養不足になった皮膚は代謝が低下し、油分汗の量も少なくなり、結果乾燥してしまうのです。

 

 

 

 せっかく綺麗にネイルをしても、お肌自体がカサカサだとやはり少し残念な印象に…

 

 

そこで!

 

今回は“自宅で簡単に出来るホームケア”のご紹介をしたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

自宅で簡単!ながらケア

 

 

忙しい主婦の味方!

洗い物をしながらできるハンドケアのご紹介です♪

 

 

 

最近の食器用洗剤は、お皿がキュッとなるくらい油汚れを落としてくれる優れものが多いですよね。

でも実はコレ、お肌に必要な水分・油分も一緒に落としてしまうのです!

 

 

そして冬は特に、お湯で洗い流すことが多いかと思います。

カレー皿を洗う時、水よりお湯で洗ったほうが油分が落ちやすいですよね。

このことからもわかるように、お湯は水と比べて洗浄力が高いのです。

 

 

これではお肌は大ダメージ!!

 

さぁ、今日からあなたも憂鬱な洗い物の時間をハンドケアタイムに変えてしまいましょう♪

 

f:id:ease-sango:20170925160128j:plain

 

 

用意するもの

・ゴム手袋

・オイルまたはクリーム

 

 

①水仕事の前に、手にオイルまたはクリームを塗る 。

②ゴム手袋をはめる。

③お湯を使う。

 

以上!とっても簡単ですね(^^)

 

 

 

 

手荒れの原因は、水(特にお湯)や洗剤によって手の皮脂や油分が必要以上に奪われてしまうこと。

よって、ゴム手袋を使用することは最大の予防になります。

 

 

ドラッグストアや100円ショップなどでキッチン用のものも手に入りますし、使い捨てのものを選んでも◎。

なるべくぴったりサイズを選ぶと、手からお皿が滑りにくく使いやすいですよ。

 

 

 

また、オイルやクリームを塗ってからお湯を使うことで中がスチーム状態に♪

より保湿効果が高まるのでおすすめです。

 

 

オイルやクリームはいつも使っているお気に入りのものでOK!

キッチンでハンドクリームを使うことに抵抗のある方は、美容効果が期待できる植物性オイルなら安心ですね◎

 

 

 

・・・《おすすめの植物油》・・・

 

・オリーブオイル 

f:id:ease-sango:20171025142255j:plain

人の皮脂の約4割は、オレイン酸という成分でできています。

オリーブオイルはこのオレイン酸をたっぷりと含んでいるので、肌に馴染みやすく乾燥を防いでくれます。

お肌の若さを保つのに必要なビタミンA、ビタミンE、ポリフェノールも多く含みます。

 

 

 

 

・ココナッツオイル

f:id:ease-sango:20171025142306j:plain

 

 

ココナッツオイルにはトコトリエノールという成分が多く含まれています。

聞きなれない名前ですが、ビタミンEの一種で強力な抗酸化作用を持ちます。

 

また、抗菌力保湿力にも期待できる優秀オイルです。

 

 

 

 

・アボカドオイル

f:id:ease-sango:20171025142314j:plain

こちらもビタミンEをはじめとした様々なビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

 

浸透力があり、肌になじみやすいのも特徴。

また、お肌をやわらかくする働きがあり、保湿力にも優れています。

 

特に低温圧搾法で絞られたアボカドオイルは、濃厚で栄養成分たっぷり。

粘度が高いので他のオイルに混ぜて使うことをおすすめされていますが、気にならなければそのままでも使えます。

 

高温圧搾法で絞られたものは、溶剤や添加物を含むのでお肌への負担がある上、酸化しやすくなっているので購入の際は要注意です。

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

▼“ハンドケア”についての関連記事はこちら

ease-sango.hatenablog.com

 

 

 

 

ネイルサロン内ではハンドクリームもご用意しております♪

 

f:id:ease-sango:20170921021309j:image

甘い香りから爽やかな香りまで種類が豊富で、塗るだけでとても癒されます♪

 

 

 

今日のちょっとしたケアの積み重ねが、数年後のお肌をつくっていくのです。

 

顔だけでなく、手を見られても年齢がわからない美魔女を目指して…♡

しっかりとケアしてあげましょうね(^^)

 

 

f:id:ease-sango:20170925155652j:image 

 

 

 次回は11月16日更新予定です!お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツヤ髪のカギを握るのは…?

こんにちは♪

今年は涼しくなるのが早かったですね。

大好きな秋が長く感じられて嬉しいいそむらです(^^)

 

 

この季節、空気が乾燥してくると気になるのはお肌のカサつき、

そして髪の毛のパサつき。

 

 

髪の毛がパサパサでは、せっかくのオシャレもメイクももったいない!

そう思いませんか?

 

 

 

では髪の毛のパサつきの原因は何でしょう?

 

 

 

 

髪の毛のパサつきの原因5

 

f:id:ease-sango:20171010105616j:plain

 

 

1.摩擦

 

私たちの髪の毛は、硬いキューティクルによって守られています。 

ダメージの最大の原因は、摩擦によってキューティクルがはがれてしまうこと!

 

 

キューティクルそのものは透明で硬いもの。

それが髪の毛のツヤであり内部を守ってくれているのですが、うろこ状になっているのではがれやすいのです。

 

特に濡れている時は弱いのでご注意を!

 

 

・しっかりと泡立てずにシャンプーをする

・髪の毛を乾かさずに寝る

・絡まっている髪を無理にブラッシングする

 

このような行為は、髪の毛に摩擦がおこりキューティクルを傷めてしまう原因となります。

 

 

 

 

2.紫外線

 

特に女性は、お顔には日焼け止めを塗っています!という方が多いですよね。

私も顔には一年中日焼け止めを塗っています。

 

 

ですが、太陽に一番近いのは・・・?

頭皮ですね><

 

意外と見落としがちですが、頭皮や髪の毛こそ、紫外線対策が必要とも言われています。

 

 

 

頭皮から髪の毛が生えているのですから、畑で例えたら『土壌』なわけです。

土壌がやせ衰えている畑で、栄養たっぷりのおいしいお野菜が育つでしょうか? 

 

こう考えてみると、頭皮の健康の大切さがわかりますね(^^)

 

 

また、髪の毛自体も紫外線を浴びるとキューティクルが開きやすくなり、最終的にははがれ落ちてしまいます。

 

 

日傘帽子などで直射日光を避けるほか、髪の毛用の日焼け止めスプレーなども美容院やドラッグストアに置かれていますので探してみてくださいね。 

 

 

 

 

3.パーマ・カラーリング

 

これらは刺激の強い化学薬品によって髪の内部を破壊してしまうので、キューティクルがはがれてしまうことがあります。

 

 

 

しかし、オシャレのためだけではなく、白髪やぺたんこ髪などといったお悩みを隠すためにパーマやカラーリングが欠かせない!という方も多いのではないでしょうか?

 

 

最近では低刺激のパーマ剤、カラー剤を入れている美容院も増えているようです。

一度お近くの美容院を調べてみるのもいいかも知れませんね♪

 

 

 

4.間違った乾かし方

 

はじめに申し上げた通り、キューティクルは硬いです。

とは言え、が加わると変質してもろくなってしまいます。

なので、熱すぎるドライヤーや、一か所に当て続けるような乾かし方はNG!

 

 

①タオルドライでしっかりと水分オフ

②ドライヤーを使って短時間で乾かす

③最後に冷風を当てる(開いたキューティクルを引き締める効果があります♪)

 

この3つは必ず守りましょう!

ドライヤーを使う前に、オイル等で髪の毛を保護するとさらに◎です!!

 

 

 

5.血行不良

 

頭皮の血行不良により、十分に栄養が行き届かず健康な髪の毛が生えてこない、抜け毛が増えるなどといったことが引き起こされます。

 

血行不良が気になる方はこちらもあわせてお読みください♡

ヘッドスパ&セルフマッサージ - Relax&Beauty ease

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

まずは日常生活の中で心掛けられることがたくさんありますね!

 

 

 

 

オイルでヘアケア 

 

ドライヤーの前にオイルで保護すると良い、とあったように、ダメージからできるだけ守ってあげることはとても大切です。

私も毎日オイルを使っています♪

 

 

 

私が実際に使っているのはこちら!

 

 ease aromaゴールデンホホバオイルです。

 

f:id:ease-sango:20171010103142j:image

 

 

 

 

アルガンオイル、カメリアオイル(椿油)などオイルにもたくさんの種類がありますが、 私はホホバオイルが使いやすくて好きです。

 

 

 

ホホバオイルは名前に“オイル”と付いていますが、実は“液体のワックス”。

そのため他の植物油よりもサラっとしていて、肌にもなじみやすいのが特徴です。

 

 

 

赤ちゃんでも使えると言われているくらい優しいうえに、酸化しにくいので扱いやすいのも嬉しいですね!

 

(優しいホホバオイルですが、個人差があるため特にお肌の弱い方は念のため少量で試してからお使いいただくことをおすすめいたします。)

 

 

さらにゴールデンホホバオイルは未精製(ゴールデン)なので、栄養成分もたっぷり!

 

 

 

お風呂上がりの髪の毛が濡れた状態で、傷みやすい毛先を中心にオイルをつけてからドライヤーで乾かすのもおすすめです(^^)

 

 

 

 

 

ちなみに、私はトリートメントに混ぜて使っています。

 

全体には3プッシュくらい♪

 

 f:id:ease-sango:20171010103217j:image

 

 

手の平の上で混ぜたらあとはいつも通り♪

f:id:ease-sango:20171010103331j:image

 

 

 

毛先まわりなど特にパサつきの気になる部分は5プッシュに増やしたり、その日の髪の毛の状態に合わせて調整しています。

 

 

 

ドラッグストアなどでも、“〇〇オイル配合”と書いてあるトリートメントをよく見かけますよね。

 

それが“その日の自分に合わせて用意できる”ところがお気に入りです♪

 

 

 

こちらのオイル、お顔にもお体にも使えるので重宝していますよ~(^^)

 

 

 

▼気になる方はこちら

ease-aroma.ocnk.net

 

 

 

 

秋冬も乾燥に負けず、ツヤ髪目指していきましょう~!!

 

次回の更新予定日は11月2日です♪お楽しみに!

 

 

 

 

 

実りの秋に“菌活”してみませんか?

こんにちは♫

エステティシャンの塚田です。

 

 

 

近年、朝活、婚活など、『〇活』というワードがたくさん増えましたね。

最近では、“菌活”がブームとなっているのをご存知でしょうか。

 

 

 

“菌活”とは?

 

 

菌活とは、カラダに良い菌を食事に積極的に取り入れることで、腸内環境を整える健康美容法の一つです。

 

 

良い菌とは、乳酸菌、麹菌、納豆菌などのこと。

ヨーグルトやキムチ、味噌、納豆などに含まれます。

 

 

これらを積極的に食べることで、腸内の善玉菌が活発になります。

善玉菌は、腸内環境を整えてくれます。

 

 

 

腸内環境が整っていないと、

 

・便秘

・下痢

・おならや便のニオイが強い

・肌荒れ

・肩こり、頭痛

・疲れやすい

・花粉症やアトピーの症状の悪化

冷え性

・むくみ

・ポッコリお腹

・痩せにくい

 

などの症状があらわれます。

 

 

つまり、

菌活=腸内環境の改善=「健康」「美肌」「ダイエット」「免疫力アップ」への近道!

ということですね☆

 

 

ぜひ菌を味方にしていきましょう!!

 

 

 

 f:id:ease-sango:20171004132242j:image

 

 

 

さて、ここで問題です♪

 

『菌』という漢字の読み方は、「キン」の他にもう一つあります!

それは一体なんでしょうか!?

 

 

 

ヒント① いよいよ秋本番!〇〇〇がおいしくなる季節です♪

 

 

 

ヒント②

 

 

 

 

 

f:id:ease-sango:20170907230918j:image

 

 

 

 

もうわかりましたね!(笑)

答えは「きのこ」。菌は訓読みできのこと読むのです。

 

 

 

 

このことからも分かるように、きのこは菌そのもの。

菌そのものを食べる唯一の食材なので、菌活最大の食材として話題になっているのですよ♪

 

 

 

 

きのこ菌活

 

 

きのこ菌活とは、積極的にきのこを食事に取り入れること。

厚生労働省が発表している『食事摂取基準』では、毎日17g食べることを推奨しています。

 

 

 

きのこ菌活のメリットは、

①オールシーズン安価に手に入る

②豊富な栄養素

③簡単に調理できる

 の3点です(^^)

 

 

 

まずは、スーパーなどでいつでも簡単に手に入る手軽さが嬉しいですよね。

 

 

 

 

そして、意外と知られていない豊富な栄養素。

きのこはとっても優秀なのです☆

 

 

 

・食物繊維

 

便秘の予防や改善に効果があることで知られている食物繊維。

実は、キャベツなどの野菜よりも多いのです。

 

 

食物繊維には水溶性と不溶性のものがありますが、多くのきのこは不溶性の食物繊維が特に豊富。

水に溶けずほとんど消化されない不溶性食物繊維は、腸の中の有害なものや老廃物を絡め取って排出する働きをしてくれます。

 

《オススメきのこ》黒きくらげ・エリンギ・えのき

 

 

 

 

ただ、便秘の時には大量に摂取するとさらに詰まってしまうこともありますので、ほどほどにしておきましょう♪

 

 

 

便秘の方は水溶性食物繊維を多めに取るのがおすすめ!

 

きのこの中でも、水溶性食物繊維が豊富なものもあります。

こちらはネバネバした食材が多いのが特徴です。

 

《オススメきのこ》なめこ・白きくらげ

 

 

 

とはいえ、大事なのはバランス。

不溶性・水溶性、どちらもバランス良く摂っていきましょうね。

 

 

 

 

 

・ビタミン、ミネラル

 

一般的な野菜と比べてもビタミン、ミネラルが豊富なきのこ。

 

 

 

◆ビタミンB1

炭水化物(糖質)の代謝を助けてくれる作用があります。疲労回復にも◎

 

《オススメきのこ》まいたけ・えのき

 

 

◆ビタミンB2

脂肪燃焼を助けてくれます。また、美肌やツヤ髪を作る手助けもしてくれる、別名『若返りのビタミン』。

 

《オススメきのこ》本しめじ・まいたけ

 

カリウム

体内の余分な塩分を排出してくれるカリウム高血圧の方や、むくみが気になる方、足などがよくつるという方に嬉しい栄養素です。

 

《オススメきのこ》エリンギ・マッシュルーム

 

 

 

そして、

・低カロリー!

 

なんと、きのこは9割が水分で、脂質はゼロ!

 

0カロリーではないのですが、代表的なきのこの中で一番カロリーがあるエリンギでも、100gあたり24キロカロリー。

ダイエットにはもってこいの食材ですね。

 

《オススメきのこ》マッシュルーム・本しめじ・なめこ

 

 

 

この中で一番低カロリーなマッシュルームは、100gあたり11キロカロリー。

明日から大活躍の予感です!(笑)

 

 

 

 

 

 

他にも、きのこには高い抗酸化作用があり活性酸素を除去してくれるので、免疫力アップ、美肌効果、アンチエイジング効果が期待できます。

 

 

免疫力が高まると、風邪を引きにくくなるだけでなく花粉症アトピーといったアレルギー症状の改善にもつながります。

 

 

 

 

 

また、 菌活では、さまざまな菌を取り入れるのが良いとされています。

 

私のおすすめは、マリネや、きのこごはん、お味噌汁など♫

 

マリネでは酢に含まれる酢酸菌を、きのこごはん、お味噌汁では醤油や味噌に含まれる麹菌をあわせて摂ることができるので、ぜひおためしあれ~!

 

 

 

この秋はきのこ菌活で、美容と健康を手に入れましょう☆!

  

f:id:ease-sango:20170915230919j:image

 

 

 

 

 

 

次回更新予定日は10月19日です!お楽しみに♪

 

 

 

ヘッドスパ&セルフマッサージ

こんにちは!

セラピストの近藤です。

 

 

 

今、ちまたで話題のヘッドスパ』。

最近では美容院だけでなく、エステサロンでも取り入れられたり、ヘッドスパ専門店という所も増えているようですね。

 

「頭皮や髪に良いというイメージはあるけれど、実際の効果はどうなの?」という方も多いのでは!?

 

 

今回は、そんな気になるヘッドスパの効果から自分でできるセルフマッサージまで、どどーんとご紹介していきたいと思います!!

 

 

 

ヘッドスパとは?

 

簡単にいうと、頭皮のクレンジングやマッサージをすることです。

 

元気で美しい髪は、健やかな頭皮から生えます。

頭皮の汚れをきちんと落としたり、血行を促進したりすることはとても大事なことなのです。

血行を促進させると、緊張もやわらぐのでリラックス効果抜群!

 

また、お顔のお肌は頭皮とつながっていますので、リフトアップ効果も期待できるのです!!

さらに、首や肩も一緒にほぐしていくことで、より頭皮がほぐれますよ♪ 

f:id:ease-sango:20170823233501j:image 

どんな人にオススメ?

 

気になるこんな症状・・・

 

◆慢性的に疲れている

◆パソコンやスマホなどで目を酷使している

◆肩や首が疲れている

◆頭が重たい

◆寝てもスッキリしない

◆ストレスが溜まっている

◆顔のたるみが気になる

 

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

ちなみに私は半分以上当てはまってしまいました(^^;)

 

1つでも当てはまる方には、オススメで~す!!

 

 

 

凝り方で生活習慣がわかる!?

 

 

「そもそも、頭って凝るの?」と聞かれることがあります。

 

はい、凝ります!

頭も、薄い筋肉で覆われています。筋肉のあるところは、凝るのです。

 

 

頭には、前頭筋・側頭筋・後頭筋の3つの筋肉があります。

 

なんと、"凝っている部分"によって、その人のタイプ生活習慣がわかってしまうというのです!

 f:id:ease-sango:20170829010221j:image

《前頭筋》

 ・・・おでこから眉毛のあたりを覆っている筋肉です。眉毛を上げる動きをします。

  目を酷使すると凝りやすい部分です。

  心配事が多い人や考えることが多い人は硬くなりやすいところです。

 

《側頭筋》

 ・・・側頭部から顎の骨をつないでいる筋肉です。

  歯の食いしばりをしていると凝りやすい部分です。

  ストレスが多い人や我慢強い人が凝りやすいところです。

 

《後頭筋》

 ・・・頭と首の骨とをつないでいる筋肉です。

  重たい頭をささえているので、凝りやすい部分です。

  猫背悪い姿勢によって影響を受けやすいところでもあります。

  仕事や家事・育児などによって長時間同じ姿勢が続くと凝りやすいところです。

 

 

 

 

いかがでしたか?

やはり、生活習慣やストレスなどの影響は大きいですね~!

 

とは言っても、いつも避けられるものばかりではないのも現実・・・。

毎日頑張っている自分の身体。しっかりとケアをしてあげたいものです(^^)

 

 

 

 

自分でもやってみよう!

 

 

もちろん、専門知識と技術を持ったプロにやってもらうのが1番です。

 

しかし、「忙しくてなかなかサロンに行くことができない」

「今すぐこの疲れをなんとかしたい!」という方も多いはず!

 

ということで、最後に『今日から簡単にできちゃう♪セルフマッサージのやり方』をご紹介します(^^)/

 

 

 

①まずは、ツボを覚えよう!

 

 

頭には、なんと52個ものツボが存在しています。

52個全部覚えよう!とはいいません(笑)

 

今回は代表的なツボ5つをご紹介します。 

f:id:ease-sango:20170823235501j:image

百会(ひゃくえ)

位置:頭のてっぺんと左右の耳を繋いだ線の延長線上に位置する

効能:頭痛、不眠、耳鳴り、ストレスの緩和、自律神経を整えるなど万能ツボ!

 

天柱(てんちゅう)

 位置:首の後ろの髪の生え際、2本の太い筋の外側にあるくぼみに位置する

効能:頭痛、肩こり、目の疲れ、肝臓の働きを活発にする、自律神経を整える

 

風池(ふうち)

 位置:天柱よりもやや左右上部に位置する

効能:頭痛、肩こり、目の疲れ、自律神経を整える、脳の活性化

 

完骨(かんこつ)

 位置:耳の後ろの突起の下端のすぐ後ろにあるくぼみに位置する

効能:頭痛、不眠、耳の疾患、肌荒れ、むくみ

 

あ門(あもん)

位置:後頭部の中心線上のうなじの生え際のところで、出っ張った骨の下の盆の窪(ぼんのくぼ)の部分に位置する

効能:頭痛、首こり、不眠、鼻の不調、自律神経を整える、言語障害

 

 

 

 

②セルフマッサージをしよう!

 

 

先ほど覚えたツボを押してみましょう♪

 

 《ツボの押し方の基本》

・指の腹を使います。

・ゆっくりと3〜5秒程度かけて押し、またゆっくりと力を抜きます。

「痛気持ちいい」と感じるくらいの刺激で押します。

・強すぎたり、何度も押しすぎたりするのはNG!

 かえって筋肉を痛めてしまいかねませんので、気をつけてくださいね。

 

 

お風呂あがりは全身の血行が良くなっていてほぐれやすいのでオススメです♪

f:id:ease-sango:20170825004829j:image

 

 

 

 

 

サロンでも9・10月限定で、炭酸スプレーを使った【極上炭酸ヘッドスパ】というコースをご用意しております。

 

 

通常コースのヘッドスパよりも、スローペースでゆっくりと揉みほぐしていきます。

また、顔、首、肩のほぐしも付いているので、さらにリラックスしていただけると思いますよ♪

是非、ご体感してみてくださいね☆

 

 

次回更新予定日は10月5日です!お楽しみに♪

 

スキンケア編①意外と知らない“正しい洗顔”

 

こんにちは。

エステティシャンの杉山です♪

 

 

 

みなさん、スキンケアは好きですか?

 

お客様からは、「スキンケアは面倒!」と言われてしまうことがよくあります。

家事や子育てに追われていて、ゆっくりケアをする時間がなかなかとれない方もいらっしゃるようです。

 

 

でも、私は大好きです♡

きちんとお手入れをすると、しただけの効果が出るのでとっても楽しいのです♪

 

 

 

 

 

そこで、スキンケア編第一弾!

 

【スキンケアの基本は洗顔】と言われているほど重要な洗顔について、時間がない方でも今日から変えられる洗顔方法をお伝えします!

 

 

そもそも、なぜ洗顔が必要なのでしょう。

 

「 クレンジングをしてるから洗顔はいらないでしょ?」

「ダブル洗顔って肌が乾燥しそう」

と思っているあなた、必見です! 

 

 

クレンジングと洗顔の違いは?

 

 ”ダブル洗顔(クレンジングと洗顔を両方行うこと)はよくない!”と聞いたことがある方は多いと思います。

 

しかし!クレンジングと洗顔にはそれぞれ役割があります。

 

 

 

クレンジングは、メイクなどの脂汚れ、詰まった角栓など油溶性の汚れを落とします。

この汚れは放っておくと、毛穴の黒ずみやニキビの原因になります!

 

 

洗顔は、汗やほこり、古くなった角質、皮脂など水溶性の汚れを落とします。

古くなった角質をため込んだお肌はターンオーバーの乱れを引き起こします。(ターンオーバー=お肌の生まれ変わり)

 

 

 

 

このようにクレンジングと洗顔は別々の目的を持っているので、きちんと両方を行うことがオススメです♪

(すごく乾燥肌で、皮脂分泌が極端に少ない場合は注意が必要です)

 

 

では、気になる洗顔方法です!

 

 

 

 

正しい洗顔の手順

 

①顔をしっかりと濡らす

 

汚れをある程度洗い流しましょう。

 

 

洗顔料をもこもこに泡立てる

 

 両手にたっぷり、このようにクリーミーな泡を作ります。

 

f:id:ease-sango:20170807185318j:image

 

 

 

”もこもこ”の目安は、”逆さまにしても泡が落ちてこない”程度です。

 f:id:ease-sango:20170807180737j:image

 

 

③優しく洗う

 

手と肌の間にクッションのように泡をのせ、優しく洗います。

手はお顔を触るのではなく、泡だけを触るように心がけましょう。

 f:id:ease-sango:20170902174416j:image

 

 

④20回以上すすぐ

 

すすぎ残しはニキビ等のトラブルのもとです!

泡が目に見えなくなっても20回はすすいでください。

 

 

 

⑤タオルで水分をおさえる

 

清潔で柔らかなタオルで、擦らずしっかり水分をおさえます。

摩擦は厳禁です!

 

 

 

洗顔名人になる4つのポイント

 

1.お湯の温度は32℃
 
皮脂汚れなどは30℃~32℃で溶け出します。
お湯が熱すぎるとお肌の保湿成分が失われてしまいます。
余分は皮脂は取りつつ、必要な皮脂は残せる温度が32℃です!
 
32℃は皆さんが思っているより低めの温度だと思います。
”ぬるま湯”ではなく、少し冷たいかなと感じる”ぬるま水”を目指してみてください。
 

 

2.泡立てネットを使用する
 
もこもこな泡づくりのポイントは泡立てネットを使用することです!
100円ショップなどでも手に入ります。
 
サロンでも、エステの際に実際に使用していますよ♪
柔らかいネットよりも、硬めのネットの方が泡立ちやすくてオススメです!
 
 
f:id:ease-sango:20170807211654j:image
 
 
 
3.洗う時間は30秒!ゴシゴシしない!
 
洗いすぎはお肌にダメージを与え乾燥を招きます。
 
ニキビやザラつきが気になる箇所は、ついつい強く洗ってしまいがちですが、かえって皮脂の過剰分泌を引き起こすこともあるのです!
特に皮膚が薄い、目元と口元の力加減には注意が必要です。
 
 
 4.すすぎはシャワーで行わない
 
シャワーを豪快にお顔にかけていませんか?
シャワーは水圧が強いため、お肌を傷つけてしまいます。
なんと、たるみの原因にもなるのです!
シャワーでもワンクッションおいて、手ですくって丁寧にすすぎましょう。
 
 
 
 
以上が洗顔方法と、ちょっとしたポイント4つです。
最初は少し面倒かもしれませんが、慣れてしまえば簡単なことばかりです!
 
 
いいお化粧品を使う前に、大事なお肌に負担をかけないことから見直してみませんか?
毎日の習慣を少し見直すだけで、きっと美肌に一歩近づきます♡
 
 
 
 
次回の更新は9月21日予定です♪またのぞいてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
  

 

 

簡単!夏にオススメ簡単ジェルアート☆

こんにちは!

ネイリストの加納です♪ 

 

 

 

今回はセルフでジェルネイルをしている方や、これからチャレンジしてみたい方にオススメの『簡単夏ネイルアート』をご紹介します♪

 

 

 

お客様から「どうやるの?」と質問されることも多い、マーブル柄

 

マーブル柄は夏にとても人気で、ハンドネイルにもフットネイルにもぴったりなアートです!

 

 

f:id:ease-sango:20170809150716j:image

 

 

 

 

アートの工程を順番にご説明します♬

 

  ①マーブルするカラーを決める

 

ポイントは、濃い色と薄い色を使うこと同系色でマーブルすることです。

 

 あまり濃淡のないカラーですと、綺麗なマーブル柄にはなりません。

 

 今回はお店でも人気のピンク系のカラーで作っていきます!

 

f:id:ease-sango:20170713192709j:image

 

  

これくらい濃淡があり、同系色なカラーを選ぶといいです♪

 

 

 

 ②ランダムにカラージェルをのせる

 

ベースジェルを塗り硬化した後に、それぞれの色をランダムにのせます。

この時はまだUVライトで硬化しないで下さい。

 

f:id:ease-sango:20170713192720j:image

 

 

 

  

 

③筆で色と色の間をぼかす

 

マーブル柄で大事なのは、あまり筆で色を触りすぎないことです。

色と色の間をぼかすイメージです。

 f:id:ease-sango:20170721160030j:image

 

 f:id:ease-sango:20170721155733j:image

 

 

 

 

 

④お好みでストーンをのせる

 

ラインストーンやスタッズをのせるとより一層可愛く仕上がります♪

 

f:id:ease-sango:20170713192742j:image 

 

 

 

 

上級者編:爪の周りにゴールドやシルバーの細いラインを入れて囲むと、よりアートがはっきりして可愛いですよ♪

 

f:id:ease-sango:20170713192812j:image 

 

 

 

 

⑤コーティングをして完成

 

トップジェルでストーン先端をしっかりとコーティングします。

 f:id:ease-sango:20170721155453j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:ease-sango:20170716171206j:image

 

 

 

 

見た目は難しそうですが、マーブル柄はまったく同じ柄にはならないので正解はありません!

 

それもアートの良さになります♬

 

 

自分でジェルネイルをやってみたいという方は、ぜひお試しください♪

 

 

 

次回のブログ更新は9月7日予定です!

お楽しみに♪